2013年1月27日 (日)

音もなく少女は

ボストン・テラン著「音もなく少女は」田口俊樹訳(文春文庫)読了

先日「重たいくらい暗い」と書いたのは、この本のことで、その重さに耐えられなくなって吐いた弱音が先日のものだった。耳が聞こえなく生を受けたイヴをこれでもか、これでもかと不幸が襲う。心の平静や喜びがちょっと訪れたかと思った途端にまた不幸が襲う。その繰り返しの中で、読むだけでも耐えられない気持ちになっていた。しかし、彼女はそれに耐えたり、耐えられなかったりしながら、生き抜く。結末まで読んで初めてフーッと息を吐くことができたような気がするほど、息を止めて読んだ感がある。
私の知らない厳しさや不幸がこの世には存在する。
耳の聞こえない人の気持ちをわかったような気になっていたが、とんでもない間違いだった。私には、まだまだ理解などできていない。彼ら彼女らのおかれた世界。
アルジェリア人質事件で犠牲になった人々。彼らがおかれた状況もまた、私の経験や想像をはるかに超えた世界だ。ドアの陰に隠れているとき。トラックの下に身を潜めているとき。アルジェリア軍だと思って出て行ったらテロリストだったとき。乗せられた車が爆撃を受けたとき。必死でシュミレーションして、映像が浮かび怯えの感情と受けた痛みを想像するまではできるが、本当に痛みを感じるわけではない。
この世界から、暴力や憎しみ、怒りがなくなる日は来るのだろうか。
憎しみや怒りといった感情がおこること自体は、なくせないのではないかと個人的には思っている。少なくとも私の中には、喜怒哀楽は必ず存在し、それらを完全になくすことはできそうにない。しかし、なくせないとは思うが、心に生じたそれらの気持ちをコントロールすることはできそうな気がするし、コントロールしなければならないと思う。

2013年1月24日 (木)

重たいくらい暗い

まだ読後感には至らないのだが、今読んでいる小説がなかなか重たい。心がずしんと重くなる。その時読んでいる本の世界に気持ちが左右されることが少なくない。だとすれば、暗く重いテーマの小説を読んでいるときには、暗く重々しい気持ちになり、明るく楽しい雰囲気の小説を読んでいるときには、明るく快活でいられるということだろうか?ふと、そんなことを思った。

ミステリーにしても小説にしても、人の死に関わることとか人生の悲哀、苦しみ、葛藤といったことが描かれているときに、その作品は心に胸に深くズドンとくることが多い。人の壮絶な死に感動し、その生き様を思って眠れなくなることもある。いや、しかし、その生き様から、自分も誰にも負けぬ決意で、非難中傷をはね返し頑張っていこうという闘志をかきたてられることもあるということか・・・最近、そんな作品とあまり出会ってないかな・・・???

2013年1月14日 (月)

THE BONE COLLECTOR

ジェフリー・ディーバ−著「ボーン・コレクター(上)(下)」池田真紀子訳(文春文庫)読了

リンカーン・ライム・シリーズの「ソウル・コレクター」が面白かったので、購入。
上巻の終わりから下巻の前半が、ジェットコースター的に面白かった。どんどん先へ先へと読み進めずにはおられない・・・といった感じ。
<サックスが口を挟んだ。「いいえ、赤い革表紙の図書館所蔵の書籍」(下巻・p241)>それまでの全てがここに集まり、ここから放たれたような、最高に印象的な一行。何度も読み返した。ゾクゾクッとした。青写真となったジェームズ・シュナイダー。シュナイダーとテイラー。しかし、結末へと至る最後のどんでん返し&どんでん返しは、私には少し(???)が残されるものだった。そういえば、「ソウル・コレクター」でも同様の読後感だった。絶頂へと上り詰めるまでは最高なのだが、結末へと至る最後のどんでん返しが、私にはちょっと唐突な感が否めない。それを差し引いても恐ろしく面白いのだが。

2013年1月 3日 (木)

臨界

今野 敏著「臨界」潜入捜査(実業之日本社文庫)読了

原発事業の内情を暴いているのか?ここに描かれていることが事実として存在するとしたらそれはどうなのだろうか?誰とでも素手でやり合える力を持ちたいと思った。が、そんな力で何かを解決しようとする心は持ちたくない。この世に存在する矛盾。私の中になかにある矛盾。どちらがより大きいのだろう?
このよを変換したら夜になった。この夜、この世、どちらが正しいだろうか?
Y川氏邸での新年会を終えて帰宅し、晩ご飯を食べた記憶はあるのだが、目が覚めたら、3日の朝のような気持ちになっていて、それなのに時計は10時過ぎを指していて、なんだかおかしい、おかしいと思っていたら、まだ2日夜だった。
300ページに満たない中編小説。年末の実家への帰省に持って帰り読み終えた。

2012年12月30日 (日)

ちょっとピンぼけ

ロバート・キャパ著「ちょっとピンぼけ」川添浩史・井上清一訳(文春文庫)読了

忙しかったり飲みの日が重なったりしたせいもあり、読み終えるまでに時間がかかった。酒と女とポーカー、はったりと駆け引き・・・文面からだけでは計り知れない思いや苦悩があるだろうが、それは私の想像の彼方にあるのだろうか。
川添氏と井上氏の文章の方が私には身近に感じられた。何年か後にもう一度読んでみたい。

2012年12月 9日 (日)

ソウル・コレクター

ジェフリー・ディーヴァー著「ソウル・コレクター」上・下(文春文庫)池田真紀子訳 読了

帯の「故・児玉清がもっとも愛した作家」という言葉に惹かれて買った。
上巻の終わりくらいから加速度的に面白かった。
データを丹念にひとつひとつ積み上げていくような進行。ホワイトボードに描かれる犯人像がデータを追加しながら何度も繰り返し出てくるのが、最初は違和感があったが、そのうち一緒に捜査に参加しているような気分も含め、よかった。
細切れに読んだ部分もあり、事件が解決した後も本当はどうだったのか?少しあやわかりしない部分も残り、少し読み返したがまだ完全にわかったとは言い難い。もう一度読み直してみなければならないか?とも思っている。
「ニューヨーク市警鑑識課に所属するメル・クーパーは証拠物件の分析を専門としており、市警でもっとも優秀な職員の一人であると同時に、もっとも察しのいい人物の一人でもあった。」上巻p109
「横断歩道がないところで道路を横断した」にジェイウォーキングというルビが振られていた。上巻p199(丁度その日JWALKの話をY紀したところだった)
「アンドリューが何をいやがるって、情報を知らされないことです。情報さえ届いていれば、たとえそれが悪いニュースでも、文句は言わない。」下巻p114
「キーボードを叩いていた手が止まる。絵を見上げる。長い間があって、ようやく答えが返ってきた。「データというのはおもしろいものだ。人は何の疑問もなくデータを信用する」そう言ってこちらに顔を向けた。「コンピューターにデータがあれば、それは真実に違いないと考える。さらに、DNAという神が関わると、絶対に間違いのない真実だということになる。それ以上は踏みこまない。そこでおしまいだ。」下巻p293

2012年11月24日 (土)

誘拐

五十嵐貴久著「誘拐」(双葉文庫)読了

読んでいる途中で、とよしんでの人質立てこもり事件が起こった。なんだか小説中の話とダブって現実と架空のこととが混在した感じにとらわれた。
事件に係わる死人が出なかったという点では、映画「ジョンQ」を思い出した。だが、冒頭での3人の自殺が話の発端だった。(その点では「ジョンQ」においても死者がいなかったわけではないが)よく練られた筋立てだったし、最後のどんでん返しも、(うーむ)と唸らせられるものだったのだが、どうだろう?ちょっとできすぎかな?という感なきにしもあらず。

2012年11月20日 (火)

走ることについて語るときに僕の語ること

村上春樹著「走ることについて語るときに僕の語ること」(文藝春秋)読了

「そうだ、小説を書いてみよう」と思い立った瞬間のこと・・・(p46)
わざわざギリシャまで行って、一人で42キロを走ることになったこと・・・(p82)
執拗な反復によって自分を変更させ(あるいは歪ませ)、そのプロセスを自らの人格の一部として取り込んでいくこと・・・(p95−96)
呼吸を止めつつ、呼吸を続けること・・・(p108)
淡々と語られる自身のこと、小説のこと、走ること・・・
いろいろな雑誌に掲載されたエッセイも含まれた文章の集積だが、その各章がちょうど1回で読み切るのに適当な長さで、読み始めたらちょうど章の終わりまで読みきることができる分量だった。
庄司薫の文章を少し思い出したりもした。
私もいつかマラソンを走ってみたい・・・しかし、土日の朝歩くことを続けることさえできないでいる。
私の兄は走り続けていて、今週末には大阪で開かれるマラソンに走りに行くらしい。
この書は、K久氏が貸してくれた。なぜそうしてくれたのかは不明だが、よい書と巡り会えた。ありがとう。

2012年10月28日 (日)

成功する人は・・・

姫野友美著「成功する人は缶コーヒーを飲まない」(講談社+α新書)読了

全てがうまく回り出す黄金の食習慣
タンパク質をとらなければならない。それも動物性タンパク質。
この手の本のそれぞれでそれぞれの見解がある。
どれが正しいか?どれが自分にとって必要な情報か?
自分自身で判断し、選択しなければならない。
卵を食べようと思った。
ナッツ類を食べようと思った。
牛乳も飲もうと思った。

2012年10月14日 (日)

箱の中

木原音瀬(このはらなりせ)著「箱の中」(講談社文庫)読了

『「ダ・ヴィンチ」誌上でBL界の芥川賞』という帯の言葉に惹かれて購入。
BLが何かも、著者についても全く知らないまま購入。
三浦しをん氏が解説を書いていることも知らなかったのだが、氏の解説で多くのことがわかった。(気になった)
BLというのが、ボーイズラブの頭文字であり、「主に女性作者が、主に女性の読者に向けて書いた、男性同士の恋愛物語」ということらしい。
読み終わるまで、作者は男性だと信じていたので、作者が女性だということを知り、驚いたし、これらの小説が主に女性読者に向けて書かれたということにも驚いた。
「箱の中」「脆弱な詐欺師」「檻の外」3編からなる本書。それぞれが独立した作品であると同時に、つながっている。私は男で同性愛に興味はないが、ここには、「愛とは何か?」が描かれていたと思う。
「息苦しさこそ愛の真実」帯に書かれた三浦しをん氏の解説からのことばだが、まさにそうだと感じた。「箱の中」の途中で、読み続けることが苦しくなった。3編を読み終えたとき、なんだかもやもやした説明できない気持ちが渦巻いていた。
読み終えたのは真夜中で、眠りに就いたのだが、しばらく眠れなかった。天井付近に巣くう霊たちが代わる代わる私の上に舞い降りて交わるような、なんだかいいようのない不思議な感じにとらわれていた。
無償の愛・・・
フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ