2006年6月15日 (木)

ワールドカップ

日本が負けた途端にやれジーコの采配がどうだとか、疑問だとか・・・そういう報道に関わる人々のあり方や考え方にも疑問を持ちつつ・・・
ファンの方には申し訳ないが、敗因は、ファウルにはならなかった高原のキーパーチャージ(オブストラクション?)とオーストラリア1点目へとつながった中沢のファウルではなかったか?
ある人が、「高原がファウルをとられてあの1点が認められていなかったら、結果は違っていたかも?」と話していたが、その通りかも知れない。

弱かった昔、相手のファウルで、必要以上に痛がっているとしか思えない痛がり方をしていた頃。そういう痛がり方をする選手が出てくると負けることが多かった。
最近、そういう選手が少なくなった。ファウルを受けて、ダメージを受けても何事もなかったかのように立ち上がって次のプレーに向かう。

替わって気になるのが、不要なファウル。もちろん、している本人たちは必要に迫られてやむを得ずなのだろうが・・・
プレイヤーの経験がある解説者がよく言う。「もし、抜けていたら、決定的だったと思われますから、ファウルも仕方ないです。」
プレイヤーとしては、そう判断することがあっていいと思う。しかし、それが、サッカーの常識になってほしくはない。あくまで、フェアプレーではないか?・・・
もしかしたら、ファウルをしてまで止めなくても、得点には至らないことも多いだろうし、ファウルがきっかけで許す失点も少なくない・・・

まあ、そうやって、TVの前でくだを巻きながら、観戦している。

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ