« 拾得物?? | トップページ | 強風注意報の夜 »

2014年11月26日 (水)

解散、総選挙?!

衆議院が解散し、総選挙となった。再登場の安倍政権が粘り強くがんばっていることに好感を抱いていたのだが、ここにきて、また放り投げか?前回を彷彿とさせる展開。

Img_1821
浅学にして私は、この作家を知らないのだが、先日の山陽新聞への投稿。私の考えを代弁してくれている気がした。私は、一概に消費税10%に反対する気持ちはないが、できれば10%にしたらこういうメリットがあり、そうしなければこういうデメリットがあるのだと示して欲しい。アベノミクスがなんたるかを一言で言えるほどに、私は理解できていないのし、経済優先としか理解できていないので、諸手を挙げて賛成とは言えない。だが、反対票を投じるためには、そうではない選択肢を明確に示してもらえないとそれもできない。アベノミクスを否定するならば、どういう未来像を描くことが出来るのか?私には、それが明確に分かっているとは言えない。
昨日、自宅の前に共産党の宣伝カーがいきなり止まって、氏平県議殿が演説を始めた。先のような疑問を持っていた私には、その疑問に答えてくれるような内容のものだった。細かく説明するほど覚えられないが、金持ちが優遇される仕組みになっているとの説明で納得できるものだった。
そもそもが、アベノミクスに対する賛否を衆議院解散総選挙という形で問うということにも疑問をもっている。大きな方向性とすれば私は、自由民主主義に賛成だと思う。しかし、あなたたちがその考えを基にしてしていることに賛成かと問われれば、いつも賛成とは言えない。このことについては賛成だが、こちらのことについては反対です。ということもある。そういう私の本音は、解散総選挙ではなく争点を明確にした国民投票にしてほしいということになるだろう。
まあ、そんなこんなをくどくどべとべと考えている。

« 拾得物?? | トップページ | 強風注意報の夜 »

コメント

はおさんの疑問、すごくよくわかるわ。
そもそも安部政権は、自由民主主義ではなく、資本主義+民主主義なんじゃないの?
経済がまずありきの。
だから、株高、円安から原発肯定となっているんじゃない?
民主主義は当然としても、成長経済が目的の資本主義では、お金持ちがお金を儲けて消費しない限り成長しないのでしょう。
貧富の差は織り込み済みじゃないの?
たしか、マイケル・ムーアが言ってたと思う。

だけどこのやり方だと、後発国も伸びてくる中ではいずれ、地球という限りある星の中では、立ち行かなくなるよね。

まあ、もうしばらく私の一生くらいは、ごまかしながらもいけるだろうけど、孫の代あたりは心配だなあ。

よう様:確かに資本主義ないしは経済至上主義というべきですね。できれば経済優先の結果に国民の幸福があるのではなく、国民の幸福を追求した結果に経済がついてきて欲しい・・・かなわない単なるきれいごとなのでしょうか???

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解散、総選挙?!:

« 拾得物?? | トップページ | 強風注意報の夜 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ